家電製品や電化製品の普及、情報化社会の到来よって私達の生活は一気に近代化の道を歩みました。
電気を利用した家電製品は、今や私達の生活と密接な関わりを持ち生活の根底に欠かすことは出来ません。
テレビ、ラジオ、ストーブ、レコーダー、冷蔵庫、洗濯機、掃除機など様々な種類の多種多様な家電製品が登場し、より高性能な商品やより高機能なモデルが次々と登場しています。
その中でも私達の生活を古くから支えて来た家電製品の一つが掃除機です。

掃除機の歴史は今から100年以上も前から始まりました。
1907年には電動機で動く真空掃除機が登場しました。
1931年には日本で初めてのアプライト型真空掃除機を発売しました。
今現在では、掃除機も自動で行われるロボット型の掃除機も登場し、より高性能な掃除機が登場しています。
掃除機一つをとっても、サイクロン、コードレス、紙パック、自動掃除機などといった多くの対応が存在します。
それぞれの違いや特性を把握した上で、住宅の環境にあった掃除機を選ぶ事が必要になります。

掃除機の性能を確認する上で注目するべきポイントはいくつかあります。
紙パックや、サイクロンと言った集塵方式の違いや、コードレス、ハンディといった形状の違い、ノズルヘッドの違い、メンテナンスの仕方の違いなど様々なポイントが挙げられます。
それぞれのポイントと特徴を把握することで環境に適した掃除機を選ぶ事が出来ます。
紙パック方式の掃除機は、紙パックにゴミをためるので、ゴミの処理が簡単な事が挙げられます。
しかし、紙パックにゴミが溜まり過ぎると吸引力の低下に繋がります。
サイクロン方式の掃除機は、紙パックが不要、吸引力が持続する、排気が綺麗といった特徴が挙げられます。
ダストカップの清掃と濾過フィルターの交換といったメンテナンス面で手間が掛かります。
どちらの方式のモデルも、高性能化しているのでライフスタイルにあったモデルを選ぶ事が出来ます。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし